何  も  な  い  平  野  と  大  き  な  灰  色  の  空  を  見  た  か っ  た  だ  け  か  も  し  れ  ま  せ  ん
IMG_2089_edited.jpg
FullSizeRender%2028_edited.jpg
FullSizeRender%2065_edited.jpg
FullSizeRender%2025_edited.jpg
IMG_1390_edited_edited.jpg
IMG_1389_edited.jpg
FullSizeRender%252066_edited_edited.jpg
放置され回収されることのないゴミは、廃棄処分されるための世の中の仕組みから抜け出している。
そう見えた時、私は人のイメージをそれに投影しようと考えた。
私たちは、私たちの境涯から抜け出すことはできるのだろうか。山中のゴミたちは、いまもそこに在り続ける。
ミシオ
 山のゴミに顔を描く
2020.10.1 - (31)
宮城県石巻市の山中にて
※冒頭の文章は、カズオ イシグロ著・土屋政雄訳 『わたしを離さないで』の一節より引用。
beacon_logo_2020102704.png